Coffea > 世界のコーヒー情報/NEWS >

てる コラム

【世界のコーヒー】コスタリカのコーヒーの特徴は?味や生産地について


シングルオリジンコーヒーが広まって、いろんな生産国の様々な農園のコーヒーがお店に並ぶようになってきました。

ただ、「ウガンダ ウォッシュド」とか「エルサルバドル パカマラ」と言われても、
「ウガンダってどこの国?」「エルサルバドルはアフリカの国?」となりませんか?

そこで、みなさんがこの記事読んで、コーヒー屋さんに行ったら、

「あぁー、このコーヒーはこんな特徴で、お豆ははこういう味だよね!」って理解できるように解説していきたいと思います!

今日は「コスタリカ」についてです。

コスタリカって?

コスタリカは中米の中では裕福国で、経済は世界平均レベルです。
他の中米の国と違い、20世紀後半も政治が安定し、バナナやコーヒーの輸出で経済を発展させてきました。
首都はサンホセ。

コスタリカのコーヒー栽培の歴史

コスタリカでのコーヒー栽培は19世紀初頭からすでにはじまっていました。
1821年にスペインから独立した後も、外貨獲得手段として積極的にコーヒー栽培が奨励されてきました。
コーヒーなどの輸出作物を売って、稼ぎ、経済的にも発展し、インフラ整備にも成功させ、
中米の中で最も経済的に優れた国になっています。

2018年にコスタリカのカップオブエクセレンスでは、ドン・カイート農園のゲイシャが1ポンド300ドルとCOE史上最高落札価格を記録しており、良質なスペシャルティコーヒーが生産されている。

生産地

収穫は10月から3月にかけて行われます。
コスタリカの土壌はミネラル分が多い火山性土壌で、高い標高で、コーヒーを栽培するための気候も揃っており、高品質なコーヒーが生産されています。

コスタリカの主なコーヒー生産地は、首都サンホセ周辺のセントラルバレー、ウェストバレー、タラス、トレスリオスが有名。

コスタリカ コーヒーの味わい

コスタリカのコーヒーはクリーンで雑味がなく、ライトボディなものが多い印象です。
ライトボディで明るい酸味がコスタリカコーヒーの特徴です。

コスタリカには大小様々な農園があり、研究熱心で、試行錯誤をした取り組みをしている農園も多くあります。
独特なフレーバーを持つスペシャルティコーヒーが農園単位で生産されているのはコスタリカの特徴とも言えます。

**Photo source: unsplash

About Coffea

当サイトコフィアは日本唯一のコーヒー口コミ・情報共有サイトで、世界中の珈琲とコーヒー好きが集まるプラットフォームです。
口コミの投稿やサイトご利用には登録が必要で、 世界中のコーヒー情報を追うことができます。