Coffea > 世界のコーヒー情報/NEWS >

てる コラム

【世界のコーヒー】ケニアのコーヒーの特徴は?味や生産地について


シングルオリジンコーヒーが広まって、いろんな生産国の様々な農園のコーヒーがお店に並ぶようになってきました。

ただ、「ウガンダ ウォッシュド」とか「エルサルバドル パカマラ」と言われても、
「ウガンダってどこの国?」「エルサルバドルはアフリカの国?」となりませんか?

そこで、みなさんがこの記事読んで、コーヒー屋さんに行ったら、

「あぁー、このコーヒーはこんな特徴で、お豆ははこういう味だよね!」って理解できるように解説していきたいと思います!

今日は「ケニア」についてです。

ケニアって?

アフリカのコーヒーって言えばエチオピアかケニアかというほど、
どこのコーヒーショップでも見ますね。

ケニアがアフリカの国というのはご存知な方は多いと思いますが、
アフリカのどこにあるかというのは難しい質問ではないでしょうか?

ケニアはエチオピアの下にあります。
首都はナイロビです。

ケニアのコーヒー栽培の歴史

ケニアにコーヒーが持ち込まれたのは1893年にフランス人宣教師によってです。
当時はナイロビ近郊の教会がその敷地にコーヒーを植えて育てたのが始まりだと言われ、
1896年に初収穫を迎えています。

イギリスの植民地にある中で、
1933年に条例のもとでケニアコーヒー局が誕生し、
1934年にはオークション制度が確立し、コーヒーの格付け制度などが整えられ、コーヒーの品質が向上します。
1950年代には農民にも土地所有権が認められ、コーヒーの生産がケニア人の手によってはじめられました。

1963年に独立し、それ以降も今に至るまでケニアのコーヒー農家は品質の高いコーヒーをつくり続けています。

生産地

ケニアのコーヒー生産地は、
ケニアの真ん中にあるケニア山を中心として、周辺のキリニャガ、ニエリ、ムランガ、エンブ、メルーなどや、
キアンブ、ナクルなどで行われています。

収穫期は赤道を跨ぐ国なので、北半球と南半球で2回あり、
メインは9月から12月、サブの収穫期は5月から7月です。

ケニアのコーヒーは一部大きな農園もありますが、
ほとんどが小規模農家と言われる人たちが作っています。
イメージは裏庭に何本かコーヒーが植えられているって感じでしょう。
それを収穫して、近くのウォッシングステーションと呼ばれる加工場に持っていきます。

加工場でウォッシュトプロセスをメインに処理され、
アフリカンベッドで乾燥させられ、加工され、ケニアらしい味わいのコーヒーがつくられます。

ケニアコーヒーの味わい

ケニアのコーヒーは特徴的で、
果実感のある独特なフレーバーとフレッシュベリーを思わせる明るく鮮やかな酸味が特徴だと言えます。
ケニアをイメージする色はやはり赤色です。

世界のコーヒーの中でも飲んで「この国のコーヒーだ」と言い切れるような圧倒的な特徴を持つ国だと言えます。
そんなケニアコーヒーは世界中のコーヒー愛好家にたくさんのファンを持つ愛されたコーヒーだと言えます。

**Photo source: unsplash

About Coffea

当サイトコフィアは日本唯一のコーヒー口コミ・情報共有サイトで、世界中の珈琲とコーヒー好きが集まるプラットフォームです。
口コミの投稿やサイトご利用には登録が必要で、 世界中のコーヒー情報を追うことができます。