Coffea > 世界のコーヒー情報/NEWS >

制作チーム News

スタバ 高級なボリビア・ゲイシャと珍しいエクアドルを全国のリザーブ店で発売


スターバックスコーヒージャパンは10月9日(金)より希少性がありトレーサビリティのとれた高価なリザーブ豆を扱う全国のスターバックス リザーブ店全店ででボリビア ブエナビスタ エステート ゲイシャ バライエタルエクアドル ピチンチャ ボルケーノの販売を開始した。

また東京・中目黒のロースタリー東京ではザンビアとタンザニアのシングルオリジンが発売となっている。(参考:「スタバ 東京のロースタリー限定でザンビアとタンザニアのシングルオリジンを発売」)

エクアドル ピチンチャ ボルケーノ

エクアドル ピチンチャ ボルケーノは「スイカズラのような香りとマンゴーやグアバなどのドライトロピカルフルーツの風味が感じられる繊細な味わい」を楽しめる。エクアドル北部のピチンチャ県でコーヒーを栽培する10軒弱の小規模農家によって栽培されたコーヒーの集積ロットで、処理方法はウォッシュト。1袋250gあたり3400円(税抜)での販売。相性のよいフレーバーはバニラ、トロピカルフルーツ、ダークチョコレート。

ボリビア ブエナビスタ エステート ゲイシャ バライエタル

ボリビア ブエナビスタ エステート ゲイシャ バライエタルボリビアブエナビスタ エステートで栽培されたゲイシャ種をウォッシュトプロセスで処理したコーヒー。「レモンバーベナやラベンダーを思わせる香りとスイートオレンジ、ベルガモット、アプリコットのような風味の洗練された華やかな味わい」を楽しめる。ゲイシャながらリザーブ豆の中でも高価格帯の1袋250gあたり6000円(税抜)での販売。相性のよいフレーバーはホワイトケーキ、はちみつ、シトラス。

スターバックスでのコーヒー豆の販売は1袋あたり250g入りの豆袋での販売とともに、好みに合わせて100g以上での量り売りの対応を行ってくれる。
*詳しくはこちら
**photo source: Starbucks

About Coffea

当サイトコフィアは日本唯一のコーヒー口コミ・情報共有サイトで、世界中の珈琲とコーヒー好きが集まるプラットフォームです。
口コミの投稿やサイトご利用には登録が必要で、 世界中のコーヒー情報を追うことができます。