Coffea > 世界のコーヒー情報/NEWS >

制作チーム News

スタバ 東京ロースタリー 珍しいインドネシア産やボリビア、ザンビア発売


スターバックスコーヒージャパンは9月9日(金)より東京・中目黒にあるスターバックス ロースタリー東京で、ルワンダ アバクンダカワで、スマトラ マウント クリンチボリビア ソル デ ラ マニャーナザンビア イザンヤ エステートの3種類を発売した。

スマトラ マウント クリンチコブミカンやほのかなスイカズラを思わせる清涼感のある味わいとホワイトペッパーやアーモンドエキストラクトのような風味が感じられるコーヒー。インドネシアのスマトラ島のクリンチ地区で栽培されたコーヒーで、スマトラ式で加工されることが多いこの地域では珍しく、ウォッシュトプロセスで加工したもの。相性の良いフレーバーはナッツ、フレッシュハーブ、ゼスト。1袋250g当たり、3290円(税込)にて販売。

ボリビア ソル デ ラ マニャーナやわらかなレモンのような香りと、パパイヤやローズヒップ、ミルクチョコレートを思わせる味わいが特徴のコーヒー。ボリビアのユンガス地方・カラナビ地区で小規模生産者によって栽培されたコーヒーの混合ロット。ウォッシュトプロセス。2014年に、経済的な持続可能なコーヒー栽培を目指して創設されたソル デ ラ マニャーナ プログラムによって生産されたコーヒー。相性の良いフレーバーはピーチ、ジンジャー、ナツメグ。1袋250g当たり、3290円(税込)にて販売。

ザンビア イザンヤ エステートピンクグレープフルーツやビターチョコレートを思わせる味わいとほのかなローズマリーのような風味が感じられるコーヒー。オーラムコーヒー農園会社がザンビア・北部州で運営するイザンヤ農園で栽培したコーヒー。ウォッシュトプロセス。相性の良いフレーバーはブラックペッパー、シトラス、ハーブ。1袋250g当たり、2790円(税込)にて販売。

スターバックスでのコーヒー豆の販売は1袋あたり250g入りの豆袋での販売とともに、好みに合わせて100g以上での量り売りの対応を行ってくれる。
詳しくはこちら
Image source: Starbucks

About Coffea

当サイトコフィアは日本唯一のコーヒー口コミ・情報共有サイトで、世界中の珈琲とコーヒー好きが集まるプラットフォームです。
口コミの投稿やサイトご利用には登録が必要で、 世界中のコーヒー情報を追うことができます。