Coffea > 世界のコーヒー情報/NEWS >

制作チーム News

COEコロンビア2021入賞ロット決定 優勝はObraje農園ゲイシャ


コロンビアのカップ・オブ・エクセレンス(COE)2021の国際ジャッジによる審査が世界各国のGCCsで行われ、COEコロビア2021のスコアと入賞した23農園が発表された。優勝に輝いたのはスコア90.61を獲得したナリーニョにあるObraje農園のゲイシャ・ウォッシュトプロセス。昨年COE2020では8位に入賞している。

COEコロビア2021でスコア87点以上を獲得し入賞したロットは23に登り、スコア90以上を獲得したのは1位と2位のロットのみ。2位(スコア90.07)となったのはウィラにあるLa Siria農園のゲイシャ・ウォッシュトプロセス。3位(スコア89.4)はEl Zafiro農園のカスティージョ・ナチュラルプロセス。

COVID-19の世界的流行の影響で、昨年2020年より、COEの国際審査は開催地で行われず、サンプルを世界各地の国際ジャッジのもとに送り、世界各地で審査が行われている。COEコロンビアの入賞ロットのインターネットオークション5月20日に予定されている。

カップオブエクセレンスとは

カップオブエクセレンス は、国際コーヒー機関(ICO)のプロジェクトの一環で、1999年にブラジルから始まり、現在ではグアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、コスタリカ、ニカラグア、メキシコ、ブルンジ、ルワンダ、コロンビア、ボリビア、ペルーの12の生産国で行われている。2019年にカップオブエクセレンスは20周年を迎えた。

カップオブエクセレンスの選考は、最低基準のチェック、国内審査、国際審査と3段階で行われ、少なくとも5回の品質の評価が行われ、この厳しい品質評価を経て最低87点以上のスコアを獲得し入賞したコーヒーは、インターネットのオークションで名実ともにグローバルに競り落とされる。落札された価格は、諸経費を引いて、そのまま生産農家が手にすることができるのがCOEオークションの特徴。1999年の第1回カップオブエクセレンスでの1位獲得ロットの落札価格は2.6ドル/ポンドであったが、2018年には最高落札価格も更新し300ドル/ポンド(コスタリカCOE)となり、20年間の累計オークション収入は6億ドルを超えている。

参考記事: 「【コーヒー用語】COE・カップオブエクセレンスって何?詳しく解説します

今年のCOE開催予定

オークション日程
コロンビア 5/20
ニカラグア 6/29
エチオピア 7/7
メキシコ 7/15
グアテマラ 7/27
コスタリカ 7/29
エルサルバドル 8/10
ホンジュラス 8/19
エクアドル 11/18
インドネシア 12/16
ペルー 12/2
ブラジル 12/9

COE2020オークション結果

去年2020年度のCOEのオークション結果は以下のようになった。

最高落札価格(/lb.) 最高価格獲得ロット(農園名 品種・加工方法) 全ロット平均落札価格(/lb.)
エチオピア 185.10ドル ニグセ・ゲメダ・ムデ 品種74158・ナチュラル 28.44ドル
ニカラグア 36.30ドル ウン・レガロ・デ・ディアス農園 マラカトゥーラ・ナチュラル 12.08ドル
グアテマラ 180.20ドル エル・ソコルロ農園 ゲイシャ・ウォッシュト 26.5ドル
エルサルバドル 80.10ドル ディビナ・プロビデンシア農園 パカマラ・ナチュラル(嫌気性発酵) 22.53ドル
コスタリカ 70.10ドル ドン・マジョ・ラ・ロマ農園 パカマラ・ハニー 21.71ドル
コロンビア 69.00ドル ロス・トレス・モスケテロス農園 チロソ・ウォッシュト 19.49ドル
ブラジル 40.00ドル Sítio Escondica農園 レッドカトゥアイ・ウォッシュト 14.50ドル
ペルー 51.10ドル エスペランザ農園 ゲイシャ&SL9・ウォッシュト 16.24ドル

*詳しくはこちら
参考記事: 「【コーヒー用語】COE・カップオブエクセレンスって何?詳しく解説します
**Photo source: El Obraje

About Coffea

当サイトコフィアは日本唯一のコーヒー口コミ・情報共有サイトで、世界中の珈琲とコーヒー好きが集まるプラットフォームです。
口コミの投稿やサイトご利用には登録が必要で、 世界中のコーヒー情報を追うことができます。