Coffea > 世界のコーヒー情報/NEWS >

制作チーム News

スタバ 春限定のスプリングシーズンブレンドを15日(土)から発売


スターバックスコーヒージャパンは2月15日(土)より全店で春の定番ブレンドとなっているスプリングシーズンブレンドを発売した。

スプリングシーズンブレンドは異なる産地と加工法の4種類のコーヒーを個別に焙煎した後にブレンドしており、「ダークチェリーやハーブを思わせる風味、スパイシーさとしっかりしたコクが特徴」を持ち、「さくらのように表情豊かな風味」を楽しめるコーヒーになっている。1袋250gあたり1430円(税抜)で販売され、店頭では100g以上での量り売りの対応も可能。

スプリングシーズンブレンドのブレンドに使われているコーヒーは「サンドライド エチオピア」「エイジドスマトラ」「コロンビア」「パプアニューギニア」の4種類で、コーヒー3大生産地のラテンアメリカ・アフリカ・アジアの3エリアがそれぞれ使われ、さらに加工方式もナチュラル、ウォッシュト、スマトラ式と3種類の異なる方式がとられているのも特徴的。
サンドライド エチオピアはエチオピアのコーヒーをナチュラルプロセス加工したもので「ダークチェリーを思わせる風味」が特徴のコーヒーで、2018年10月にはシングルオリジンシリーズとして単体でサンドライド エチオピアとして販売されていた。エイジドスマトラは生豆の状態でエイジング専用の倉庫で3年ほど寝かしたスマトラのコーヒーで、熟成することで「深みのある、スパイシーな味わい」が楽しめる。2018年12月ごろにリザーブのコーヒーとして単体で販売されていた。そのほか、「さっぱりとした酸味とナッツのような風味」のコロンビアと、「穏やかな酸味とハーブを思わせる風味」が楽しめるパプアニューギニアが使われている。

詳しくはこちら
参考記事:スターバックス、春のブレンド発売開始 (2019.2.15)
**photo source: Starbucks coffee

--今回紹介したコーヒー
スプリング シーズン ブレンド

About Coffea

当サイトコフィアは日本唯一のコーヒー口コミ・情報共有サイトで、世界中の珈琲とコーヒー好きが集まるプラットフォームです。
口コミの投稿やサイトご利用には登録が必要で、 世界中のコーヒー情報を追うことができます。