Coffea > 世界のコーヒー情報/NEWS >

制作チーム News

タリーズ グアテマラ カッピングコンテスト金賞豆など3種類発売


タリーズコーヒージャパン株式会社は9月13日(金)にグアテマラ シングルオリジンを3種類発売する。以前発売をお伝えしていたグァテマラ アンティグア メディナに加え、タリーズが独自に行うカッピングコンテストで金賞を受賞したコーヒーを「タリーズカッパーリザーブコレクション」のグァテマラ テオガルグァテマラ ドス デ フリオの2種類も発売した。

グァテマラ アンティグア メディナはアプリコットのようなフレーバーに「果実感と調和するなめらかで上質な質感」を特徴とし、後味にチョコレートのような余韻を楽しめるコーヒーになっている。グアテマラ・アンティグア地方のメディナ農園で栽培されたコーヒーで、糖度21度のタイミングで収穫したコーヒーチェリーを、アフリカンベッドによって25~30日間かけて丁寧に乾燥させるナチュラルプロセスによる精製を行うことで、強い甘みを持たせることに成功している。1袋200gあたり2200円(税込)にて販売。こちらの記事で詳しくお伝えしています。(タリーズ グアテマラ産シングルオリジンを3種類発売 13日より)

「グァテマラ ドス デ フリオ」「グァテマラ テオガル」は毎年タリーズがグアテマラで「まだ見ぬ、小規模農協で生産された高品質のコーヒー発掘」を目的に独自に行うコンテストで金賞を受賞したもの。「タリーズ グァテマラカッピングコンテスト」ではタリーズとグアテマラ輸出業者・農協組合のフェデコ・カグアで共同でコーヒーの品質を評価する。今年で12度目となる今年入賞した4つのコーヒーを今回2種類と、12月に2種類発売する。

グァテマラ テオガルは「最初に感じる強い甘みと華やかで豊かなアロマ」を特徴としフルーティなフレーバーが楽しめる。グァテマラ ドス デ フリオは「なめらかな口あたりとチョコレートのような甘み」が特徴でバランスのとれた飲みやすい味わい。ともに1袋200gあたり、1230円(税込)にて販売。店頭では100g以上で量り売りの対応が可能。

詳しくはこちら
**photos are from Tully's Coffee

--今回紹介したコーヒー
グァテマラ アンティグア メディナ
グァテマラ テオガル
グァテマラ ドス デ フリオ

About Coffea

当サイトコフィアは日本唯一のコーヒー口コミ・情報共有サイトで、世界中の珈琲とコーヒー好きが集まるプラットフォームです。
口コミの投稿やサイトご利用には登録が必要で、 世界中のコーヒー情報を追うことができます。