Coffea > 世界のコーヒー情報/NEWS >

制作チーム News

ブルーボトル ジャム感を楽しめるウガンダ・シピフォールズ発売


東京・清澄白河を中心に全国に展開するブルーボトルコーヒージャパンは新しくシングルオリジンのコーヒーとしてウガンダ・シピ フォールズ カプクワイ ナチュラルを発売した。

今年のウガンダ・シピ フォールズ カプクワイ ナチュラルはストロベリー、バニラ、プラムをフレーバーに感じ、「濃厚で美味しく、意外な華やかさやマンダリンのような甘さ」が特徴的で、ジャム感を強く感じられる。ウガンダは世界のコーヒー生産量第8位を誇るコーヒー生産国で、中でもアフリカで初めてオーガニック認証を取得したウェットミルを運営するシピ フォールズは約8000軒のオーガニック農家をサポートしている。ウガンダのエルゴン山麓カプチョワで標高1800mで栽培されたSL28種をナチュラルプロセスで精選している。1袋200gあたり1800円(税抜)にて販売。

詳しくはこちら
**The top photo is from unsplash

--今回紹介したコーヒー
ウガンダ・シピ フォールズ カプクワイ ナチュラル

About Coffea

当サイトコフィアは日本唯一のコーヒー口コミ・情報共有サイトで、世界中の珈琲とコーヒー好きが集まるプラットフォームです。
口コミの投稿やサイトご利用には登録が必要で、 世界中のコーヒー情報を追うことができます。