Coffea > 世界のコーヒー情報/NEWS >

制作チーム News

タリーズ、ブラジル・バウ農園イエローブルボンを発売


タリーズコーヒーは3月1日(金)より新しくイエローブルボンのコーヒー「タリーズ ブラジル ファゼンダバウ イエローブルボンパッサ」を発売する。定番の「タリーズ ブラジル ファゼンダバウ」のコーヒーも新しく採れた新豆(ニュークロップ)に切り替える。

「タリーズ ブラジル ファゼンダバウ イエローブルボンパッサ」はブラジル・セラード地区にあるバウ農園で栽培され、完熟したイエローブルボンのみを使用したコーヒー。「心地よいアロマ・酸味と、深みのある甘み」が楽しめる。1袋200gあたり1300円(税込)で販売され、店頭では100g以上で量り売りの対応もある。

バウ農園はタリーズがパートナー契約しており、2007年にタリーズ専用の区画にブルボン種を植え、栽培している。

3月22日にはブラジル・サンパウロ州モジアナ地区のコーヒー「タリーズ ブラジル サン・セバスチャン・ダ・グラマ」が発売を予定されている。「チョコレートやヘーゼルナッツのような風味とマイルドでやさしい口あたりが特徴」のコーヒーになっている。1袋1230円(税込)で販売。

また、タリーズのコーヒースクールでもブラジルコーヒーを題材にした「コーヒースクール オプショナルコース ブラジル」を開催している。「ブラジル ファゼンダ バウ」の紹介やカッピング体験などができる。参加費用は2500円。

詳しくはこちら
**photos are from tully's coffee

--今回紹介したコーヒー
タリーズ ブラジル ファゼンダ バウ イエローブルボンパッサ
タリーズ ブラジル サン・セバスチャン・ダ・グラマ

About Coffea

当サイトコフィアは日本唯一のコーヒー口コミ・情報共有サイトで、世界中の珈琲とコーヒー好きが集まるプラットフォームです。
口コミの投稿やサイトご利用には登録が必要で、 世界中のコーヒー情報を追うことができます。