Coffea > 世界のコーヒー情報/NEWS >

制作チーム News

キーコーヒー 2月の珈琲探訪はパナマ ボケテ地区産のコーヒー


毎月キーコーヒーが世界中のコーヒー豆の中から厳選して販売する「珈琲探訪」シリーズ、2月は「パナマ バホモノ農園」。キーコーヒーでは、「珈琲探訪」と称して、毎月、月替りで世界中のシングルオリジンコーヒーを紹介している。1月はエチオピア タデGG農園 ハニープロセスでした。

今月はパナマ西部のボケテ地区・ボホモノ農園で栽培されたティピカ種のコーヒーで、「グレープフルーツのようなほろ苦さのある爽やかな香りと、ライムのようなすっきりとした明るい酸味、ハチミツを思わせる甘い余韻」が楽しめるコーヒーになっている。価格は100gあたり945円(税込)で、全国のキーコーヒー直営店とオンラインショップで購入可能。直営店では使う量に応じて量り売りの対応もしてくれる。

今回紹介されたボホモノ農園は標高の高い地域に位置し、火山性土壌や透き通った湧き水、コーヒー栽培に適した微気候により高品質なコーヒーを生産している。今回はコーヒー名に使用されなかったがブランド名では「ドンベイジー」の名が付けられる。この農園は1970年代にアメリカ人のミセス・アーチャーが農園を購入したことに始まり、2011年から現オーナーのベンジャミン・デディアナスとステファン・ミューラーが経営している。

詳しくはこちら
**photos are from keycoffee

--今回紹介したコーヒー
パナマ バホモノ農園

About Coffea

当サイトコフィアは日本唯一のコーヒー口コミ・情報共有サイトで、世界中の珈琲とコーヒー好きが集まるプラットフォームです。
口コミの投稿やサイトご利用には登録が必要で、 世界中のコーヒー情報を追うことができます。