スコア 2 
風味 2 (風味乏しい)
酸味 1 (酸味なし)
コク 3 (普通)
甘み 1 (甘みは全くない)
苦み 3 (普通)
   淹れ方: プレス
   投稿日:

ダークチョコレートを思わせるフレーバーに、花のついた薬草を思わせるようなハーバルさが感じられるコーヒー。
コーヒーの色合いは少し暗いが、深いわけではなく、飲みにくくはない。
苦くはないが、ほのかなビターさは感じられる。酸味はないが、甘さも乏しく、後味はドライさがある。

東ティモール産コーヒーなので、アジア系とは少し異なった華やかなコーヒーを少し期待していたが、やはりマンデリン系統のどっしり系のアジアンチックなコーヒー。アジア系の(中国、タイなどの片田舎にいそうな)おばあちゃんっぽいコーヒー。

ハンドドリップとプレスで淹れ比べ。ハンドドリップではよりダークチョコレート感があり、そこにナッツを思わせるナッティさがある。冷めてくると緑茶のようなフレーバーが見つかるかも。
プレスはダークチョコレートをベースに、薬草っぽいハーバルな味わいが楽しめる。

甘みを伴うダークチョコレートやスパイスのような風味と、かすかに感じるレッドフルーツの味わいやまろやかな口あたりが特徴のコーヒー

オーストラリアの北の沖合に浮かぶ島国である東ティモールは山が多く、小規模農家が点在しています。フェアトレード認証を取得しているカフェ ティモール協同組合は、20,000以上の小規模農家で構成され、地域のコミュニティの中で重要な役割を担っています。カフェ ティモール協同組合は、限られたリソースと東ティモールの険しい地形にも負けず、生産者に対してベストプラクティスを共有し、コーヒーの収穫や輸送、加工の支援をしています。地域住民のために30以上のクリニックも設立し、それらの活動に携わる3,000人以上のスタッフを有するこの組合は、まさに「強い生産者のコミュニティこそが素晴らしい味わいのコーヒーを生み出すことができる」ことの証です。その中でもこのイースト ティモール ピーベリーは特に繊細なニュアンスと甘みがあるとびきりの味わいです。

加工方法:水洗式
酸味:LOW
コク:MEDIUM
相性のよい風味:シトラス、ダークチョコレート、フレッシュハーブ
-商品説明カードより


About Coffea

当サイトコフィアは日本唯一のコーヒー口コミ・情報共有サイトで、世界中の珈琲とコーヒー好きが集まるプラットフォームです。
口コミの投稿やサイトご利用には登録が必要で、 世界中のコーヒー情報を追うことができます。