スコア 4 
風味 4 (風味あり)
酸味 3 (普通)
コク 3 (普通)
甘み 3 (普通)
苦み 1 (苦味は全くない)
   淹れ方: 水出しコーヒー
   投稿日:

水出しにしてみた。
明るいフレーバーが豊かで、桃やレモン、オレンジなどの果物が入った(オシャレなカフェにありそうな)水を思わせるような鮮やかなアイスコーヒー。
フレーバーにはスイートシトラス、キャラメル。
はっきりしたフレーバーは見つけられないが、フルーツ感があり、フルーツティーライク。ただそこまでティーライクではないので、フルーツウォーター。
水出しにもおすすめなコーヒー。

<簡単!水出しコーヒーレシピ by 制作チーム>
コーヒー豆を粗挽きで挽き、コーヒープレスにコーヒー粉とお水を入れる。 冷蔵庫で15時間ほど寝かす。15時間後抽出し、2倍で希釈。出来上がり☺︎

(*)覚えやすいように、水はコーヒー豆10gに対してお水100ccの分量。コーヒープレスがなければ容器でOK!
(**)粉量や寝かす時間、希釈量を変更すれば、好みにあった濃さの水出しコーヒーに調整できます。

スコア 2 
風味 2 (風味乏しい)
酸味 2 (酸味はほぼない)
コク 2 (やや薄い)
甘み 2 (甘くはない)
苦み 1 (苦味は全くない)
   淹れ方: プレス
   投稿日:

グアテマラでハニープロセスのコーヒーなので、鮮やかなコーヒーをイメージしていたが、ブラジルのコーヒーのような暗い印象。
酸味はそこまでなく、暗い雰囲気を漂わせる。コクはライトとミディアムの間くらいで比較的薄い。さっぱりというより薄い。後味は意外とロングフィニッシュで、余韻は長い。ただ心地よさは普通。
フレーバーにはシトラス、ナッツ。
甘さはあるが、主体的に甘いというより、あるな程度。

ハンドドリップとプレスで淹れ比べたが、ほぼほぼ同じ味わい。若干コクが優しく、酸味が上品に感じられたので個人的にはプレスの方が好き。

(答え合わせ)

中深煎りです。
ブラックカラント、ローストアーモンド、ビターキャラメルなどの風味を感じます。
粘性感のある口当たりもぜひお楽しみください。
ミルクとの相性も抜群です。

農園: San Cristobal
プロデューサー: Max Quirin
地区: Coban
標高: 1,500m
品種: Caturra, Bourbon, Typica
プロセス: Honey
—Unir 公式サイトより

ミルク入れると、さっぱりとした飲みやすいコーヒーになった。元のブラックのコーヒーがビターキャラメルだとすると、キャラメルになる。ミルク入れる方が美味しいかも。

Unirのコーヒーは冷めてくる方が酸味やフレーバーが明確になってきて、熱々で飲むより美味しく飲める。


About Coffea

当サイトコフィアは日本唯一のコーヒー口コミ・情報共有サイトで、世界中の珈琲とコーヒー好きが集まるプラットフォームです。
口コミの投稿やサイトご利用には登録が必要で、 世界中のコーヒー情報を追うことができます。